このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ&ピクサー社の映画は好きだ。特に好きなのは、王道過ぎていささか恥ずかしい気もするが「トイ・ストーリー」である。今となっては当然のように使われているCGアニメーションだが、当時、「トイ・ストーリー」が発表されるまでは、全編CGの映画を作ることは無理だ、というふうに言われていたらしい。しかし、ピクサー社は成功した。真に凄いことである。
 さて、本題に入るとしよう。
 私はそのピクサー社の技術を駆使した映画「塔の上のラプンツェル」を観た。親戚がたまたまDVDを貸してくれたのだ。ありがとう。
 大筋はまあおおよそ定番と云えば定番の流れがあった。だからこその安心感もあるのでそれは悪いことではない。さらに、アクションシーンの躍動感、迫力は今までのものより大きいように感じた。
 最も驚いたのが、最後にユージーン(ライダー)の行動である。あんなことをするとは予想外も予想外であった。
「うっそ!? まじかよ!」
というような具合である。
 とにもかくにも期待は裏切らない良作であった。個人的には好きである。しかし、やはり個人的には「トイ・ストーリー」の方がいささか好きである。

 これは追記であるが、先程原作であるグリム童話の「ラプンツェル」のあらすじを読んだ。なかなか衝撃的ではないか。あの原作ありきでこの夢のある物語を作り出したウォルト・ディズニー・ピクチャーズには、物書きを志すものとして畏敬の念を抱く。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://kousatsunikki.blog69.fc2.com/tb.php/101-7ad70ec2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。