このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
図書館で借りてきて赤川次郎の「鼠、闇に跳ぶ」を読みました。
「まほろ」のあとに「泥棒物語」も読んだんだけど(面白かった)そっちはなんとなくスルーで(笑)

「鼠、闇に跳ぶ」は〈鼠〉シリーズ2作目ですね。
「鼠、江戸を疾る」の続編というか、連作短編ですけど。

まあ、やはり面白かったですよ。

なかなか軽快だし、分かりやすいというか読みやすいし。
楽しいもん、読んでて。

やっぱりね、小説ってのは娯楽であると思うわけですよ。
個人的にはですけど。

なんでやっぱり、まあ、人それぞれ趣味は違うでしょうけど、読んでいて楽しい小説じゃないといけないと思うんですよ。
ページをめくる手が止まらない、とかね。

そういうふうに読者目線で小説を書かないと、面白い話は書けないよなあ、なんて。
まあ、言うだけなら簡単という奴で(笑)

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://kousatsunikki.blog69.fc2.com/tb.php/17-9bfb51e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。