このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

○ATH-CKM33のブルーを購入


本日、ビックカメラにてaudio-technicaのカナル型イヤホンATH-CKM33を購入してきました。
価格は2980円と僕にしてはお高め。
カラーはBlueです。

IMG_0284.jpg

それじゃ、開けてみましょう。

IMG_0288.jpg

同梱物は

 ・イヤホン(0.6m)
 ・延長コード(0.6m)
 ・イヤピース(XS/S/M/L)

入っていたのはコードが0.6mしかないイヤホンとそれを補うための0.6mの延長コード。
場合によって使い分けてください、ってことですかね。

明るさの調整がうまく出来ないために(撮影はiPod touch 4G)、よく見えませんが、箱的な部分を開くと内側が説明書になっていました。

IMG_0291.jpg


○RP-HJE150と比較


せっかくなので、今までの愛用品であるPanasonicのRP-HJE150と比較してみることに。
(RP-HJE150は確か1000円以下で購入したイヤホンだったと思います)

今回の比較はより普段の使用状況に合わせようということで、iPod touch上の音楽ファイルを使いました。

フジファブリックの「Laid Back」という曲での比較を紹介します。


IMG_0301_convert_20120110231241.png

(今のうちに白状しておくと、そこまで耳に自信があるわけでもないし、聴き比べも初めてなのでまったくの素人の意見だということをお忘れなく。話が的外れの可能性も大いにあり)


○比較検証


まずはRP-HJE150。
こちらは今まで使用していたものですから、特別に感動もありません。

このイヤホンの特徴は(というよりも低価格帯の特徴?)、低音が強めだということ。
重低音は格好良く聴けますが、音の再現率とかをそこで誤魔化してるような感じもあるかも知れません。

それではATH-CKM33の試聴に移ります。
どれほどの能力なのか期待が高まりますね!
(3000円程度のイヤホンだけど)

おお(・∀・)イイネ!!

高音部分がRP-HJE150よりもクリアで聴きやすい。
低音が主張しすぎず、バランスがいいです。
今まで聴こえていなかった音が聴こえてきてきますねヾ(゚Д゚ )ォィォィ

やはりこれは今までRP-HJE150で聴いていた音より綺麗であり、なんか楽しい。
やっぱりミュージックを聴くときの楽しい気持ちは大事です。


○気になった部分


音とは関係のないところですが、ATH-CKM33は延長コードを使っていたので、RP-HJE150より重く、耳にも首にも負担がかかりました。
長い時間つけていると首が痛くなってきます。

iPodなどの音楽プレイヤーを、胸ポケットにしまったりするのなら延長コードは不要かもしれませんが、ジーンズのポケットにしまうのならやはり延長コードがないと届きません。
(胴が長いから?)

個人的に、この仕様はネックですね。


○あとがき的な話


今回買ったATH-CKM33は私が今まで購入したもので一番高額なイヤホンです。
分をわきまえている学生ならそんなものです。

私自身はあまり冒険をしないほうですが(したいとは思っている)、今回はサクソフォン奏者の親戚に(低価格帯であればCKM33がオススメと)薦められたので、あまり迷わず購入をしてみました。

まだ、ちゃんと聴いていないので、あれこれ言うのもなんですが、今のところ満足してます。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://kousatsunikki.blog69.fc2.com/tb.php/178-5f90a322
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。