このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
HTML5.png


○まずは雑談

ここ最近、学校の授業がつまらない(恐ろしくペースが遅い)こともあって、自分でプログラミング言語の勉強をしようとずっと思っていました。

まあ、小説もあるのでほどほどにですが、今週末から3週間ほどの春休みに突入することもあって、思い切って始めてみようかな、と。

○なぜHTML5を選んだのか

本当はObjective-Cとかを勉強したいところなんですが、それはMac購入後に勉強しようと決めていまして(Macの方が開発しやすい)、Windows環境でも満足に扱える言語を勉強しようと思ったのです。

そこで2つの言語で迷いました。

JavaHTML5です。

Javaはアプリケーション開発(主にAndroid向け)にも広く使われていますし、オブジェクト指向の言語としてはもうメジャーもメジャー。

「真っ先にこれを勉強すべきではないのかしら?」

とすら思ってしまうような言語です。

しかし、それだけメジャーな言語であるがゆえに学校の授業でJavaは勉強することになっているのです。
(アプリケーション開発向けの文法は習わないかもしれないですが)

そうするとわざわざ今自分の時間を犠牲にして学ぶ必要もないのではなかろうか、と思えてくるのです。


またHTML5は今ちょっと盛り上がっていますし、なにより恐ろしく面白そう。
Mac環境に移行してからも、お世話になるような気がして、これを勉強してみようということに相成ったのです。
どうもアプリケーション開発もできるようです。

開発環境はメモ帳でいいこともまた一つの要因(笑)


○購入したテキスト

やっぱり何かを勉強しようという時にはテキストが必要です。
最近はインターネットで情報収集して勉強できないことはありませんが、それは初心者の勉強法としてはかなり高度。

まずは「馬鹿でも分かる」くらいの超簡単なテキストから始めたい。

ということでこんな本を購入してきました。


IMG_0619.jpg

「つくって覚える HTML5入門」
オフィス加減著 1,800円(税別)


もう一つ分厚いヤツで良さそうなテキストがありましたが、ちょっと初めての人向けではないかも、という感じだったので様子を見ることしました。

何日かかけていろんなテキストを吟味しましたが、どれもこれもすでにHTMLやってた人が「5」を理解するため用みたいな書き方、編集で買う気にはなりませんでした。

初心者向けのプログラムの本ってもっとよくならないものかな。
知ってる人はいいんですけどね。

でもC言語とかは充実してますよね、なんか。


○それでは、いざ

とにかく今日からこのテキストを用いてHTML5を勉強しようと思います。
これで容量をつかんだら、分厚いテキストを導入してみようかな。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://kousatsunikki.blog69.fc2.com/tb.php/185-609f8881
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。