このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
シャーロック・ホームズ シャドウゲーム


どうも、ロバート・ダウニーJr.と言えばアリーマイラブのラリーだと思っている陣内です。

「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」を観ました。
原題の感じ「Sherlock Holmes: A Game of Shadows」が恰好良いなあ、と思ってたりもしてます。

良かった。
やっぱりホームズとワトスンの掛け合いはいいですよね。
ああいう感じ好きです。

映画を見ながら思わずニヤニヤしてしまいます^^

ロバート・ダウニーJr.やジュード・ロウはどちらもハマってますね。
この2人以外はもう考えられません。


○かんたんな感想

さて、この話は名探偵シャーロック・ホームズと天才数学者ジェームズ・モリアーティの対決です。

天才数学者というと東野圭吾の「容疑者Xの献身」を思い出します(ぼくだけ?)。

ネタバレになるようなことはあまり言いたくないので、具体的な話は避けますが、まさかアイリーンが序盤でいきなりあんな展開になるとは、とかラストシーンで、やっぱりそこまでやるのか、という安堵があったり。

とにかく良かったです。

あくまでこの映画はエンタテインメント作品だと思いますが、終わりの方のモリアーティのセリフとかなかなか悪くないな~、なんて思ったり。

ガイ・リッチー監督のカメラワークもいいですよね。
個人的にはすごく好きです。

この監督の他の映画もチェックしてみようかな、といま考えています。


○アクション

この映画にはアクションシーンが多くあります。
そうすると

「シャーロック・ホームズのくせに強い」
「シャーロック・ホームズのくせにこんなに闘うのかよ」

なんて言っている人がいますが、もともとシャーロック・ホームズは頭脳明晰、運動神経抜群の超人的なキャラクターなので、僕はそこに違和感を感じません。
むしろ映画のほうが弱いと思うくらいです(^^;

小説を読んでいる人なら分かると思いますが、シャーロック・ホームズは小説の方でもアクションシーンはそれなりにありますよね。

にしてもガイ・リッチー監督の撮り方のおかげもあって、アクションシーンがとても恰好良いです。
ロバート・ダウニーJr.も身体を鍛えている俳優ですから、それも手伝ってだと思います。

いいですね~o(^-^)o


○エンディングロール

僕は映画を観たら必ずエンディングロールまで観るというこだわりがあります。
やっぱり制作スタッフ全員が頑張っているし、それが礼儀のような気がするので。

そんな性格をしているので、映画のエンディングロールまでこだわって作っている映画を観ると嬉しくなります。
前作を含めて、シャーロック・ホームズはそういう映画ですね。


○終わりに

シャドウゲームも面白かったのですが、前作とは少し雰囲気が違うように感じました。
映画館で観たせいですかね。

僕としては、前作の方が好みだったような気がしたりしなかったり。

でも、やっぱり面白かった。
観て良かったと思っていますよ。

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム2
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://kousatsunikki.blog69.fc2.com/tb.php/200-b93f867b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。