このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
iPad 1


○まえおき


生活にもっと遊びを。陣内です。

The new iPadが発表されてから、もう1ヶ月が経ちました。
あっという間でしたね~。

Appleのイベント内容をまとめてみた
新しいiPadの購入を考えてみる

もうiPad2の時点で欲しくて欲しくて仕方がなかったんですが、我慢して新しいiPadの発売を待っていました。

そして発売されたiPadは、僕としては十分に魅力的で、欲しくなりましたが、なぜかまだ買っていません。
(実は買いに行ってみたが、在庫切れで諦めている)

ポチってもいいとは思うんですが、何かが僕の髪を引っ張るので、今回、iPadが欲しい理由と、躊躇う理由を整理してみたいと思います。

○iPadを使って何がしたいのか


まず前提として、僕はいまiPadは持っていません。第1世代も第2世代も持っていませんよ。
なので、実際iPadでどれほどのことができるのかわからないのですが、そういう人がiPadで何をしたいと思っているのか。
そういう内容の記事になっていくと思います。

まず、箇条書き。

 ・RSSリーダー
 ・お絵かき
 ・読書
 ・写真撮影と加工
 ・映像編集(お遊びとして)
 ・音楽制作(お遊びとして)
 ・映画鑑賞
 ・TwitterやFacebook
 ・ゲーム


ざっくり思いつくのはこの当たりでしょうか。


○RSSリーダーとして


今のところRSSはiPhoneで読んでいますが、画面も小さいですし、大きいディスプレイで読みたいな~、と思います。

ただまあ、今のところ電車の中でRSSはチェックしているので、iPadはその辺どう運用しようかな、とちょっと考えどころですね。


○お絵かきを楽しむぜ!


こればっかりはMacもiPhoneも敵わないところだと思います。
お絵かきは遊びとしてもブログ素材としてもやっていきたいな~、と考えているので、iPadを導入したい理由としてはけっこう大きいです。


○読書したいよね


できれば学校で配布された資料、プリント類、不要になったテキストを自炊して、iPadで読めるようにしておきたいな~、と考えています。

プリントって例えば国家試験対策とかのレベルになると、かなり分厚くなってきます。問題集よりも厚いですよ。

そうなると、全部がiPadに入ってくれている方が助かりますね。

普通の読書はiPhoneの方が大きさとして便利な気がしています。


○写真撮影と加工をやっちゃたり


iPad(第3世代)ではiSightカメラの進化も特徴としてあげられますよね。
僕は写真や動画の撮影が大好きなので、これはけっこう嬉しいんです。

でも基本的にはiPhone4Sで撮影しちゃうので、iPadで撮影するというのはiPhone4S自体を撮るときくらいという気もします。

ただ、その撮影した写真を加工するなら、iPadに軍配です。
画面サイズも大きいですし、メモリが1GBになったことで、iPhoneよりも快適な画像編集ができそうです。

iPhotoもかなり話題になっていましたね。

iPhoto 1.0(¥450)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: Apple - iTunes K.K.(サイズ: 110.8 MB)
全てのバージョンの評価: (304件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応



○お遊びとしての映像編集


動画を撮影して、MV風にしたり映画っぽくしたり、そういうことをお遊びとしてやってみたいな~、と思っています。

iMovie 1.3(¥450)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: Apple - iTunes K.K.(サイズ: 423.2 MB)
全てのバージョンの評価: (674件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応



○お遊びとしての音楽制作


完全に遊びですが、音楽を作ったりしてみたいです。
お遊びとして作った映画にお遊びとして作った音楽を合わせるという遊びもしてみたい。

GarageBand 1.2(¥450)App
カテゴリ: ミュージック, ライフスタイル
販売元: Apple - iTunes K.K.(サイズ: 840 MB)
全てのバージョンの評価: (996件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応



○映画鑑賞なんていいじゃない


僕は映画がとにかく大好きなんですが、iPadに映画を入れて、それを外出先で観られたらいいなあ、とも考えています。

僕は電車通学をしているんですが、それが往復で2時間30分あります。
映画1本観れるんです。

あとは映画以外にもYouTubeを観たりにも使えるな、と。


○TwitterやFacebookもね


これはついでですが、TwitterをiPadの大きさでできたら便利なのかな~、とも考えています。
まあ、これはついでのような理由ですね。


○ゲームだよ、ゲーム!


ゲーム機としてもiPadは優秀だろうと考えてます。

最近僕はPSPを手放したんですが、その代わりというか、iPadを携帯ゲーム機にしたいな、と思っています。

さようなら、僕のPSP

InfinityBladeだったりRealRacingだったり、映像も綺麗なゲームがiPadでは楽しめます。

ということでPSPやDSではなく携帯ゲーム機としてのiPadもアリだと思います。

Real Racing 2 HD 1.13.00(¥600)App
カテゴリ: ゲーム, レーシング, アクション, エンターテインメント
販売元: Firemint Pty Ltd - Firemint Pty Ltd(サイズ: 465.5 MB)
全てのバージョンの評価: (721件の評価)
GameCenter対応



○なぜ躊躇ってるのか


上記の理由が揃っていて、なぜiPadの購入を躊躇うのか、整理してみます。


○やっぱりそう、経済的な話


僕はいま学生をやっています。
もちろんお金なんて大して持っていません。

一応、バイトで貯めたお金で買うことはできますが、64GBなら58,800円もします。
これはけっこうきつい。
用途を考えたら、やっぱり64GBないと厳しいと思うのです。

う~ん、やっぱり贅沢は仕事してからかしら?


○まずはMacが欲しいところじゃない?


僕は今現在Windowsユーザーです。
もう思えば中学生の頃から「Mac欲しいなあ」と思い続けていますが、いまだにWindowsマシンを使い続けています。
もうかれこれ5年以上Macに憧れ続けているのです。

ですからiPadの前にまず、Macだろうと思っています。
iPadもMacも、というほど経済的な余裕はありません。


○結局は娯楽で贅沢品


それを言ったら元も子もないぜ、という話ですが、別にiPadなくてもやってはいけるんです。
あくまでお遊び系で、より楽しみを増やすための贅沢な存在なんですね。

もちろん、欲しいですが、緊急性はまるでありません。

iPadの魅力は生活の一部となって、遊び道具としてもユーザーを楽しませてくれるところだと思っています。
素敵な魅力ですが、やはりお金を持っている人の嗜好品と言えなくもありません。


○現段階での結論は……


iPadは欲しい。
でも、やっぱりまずMacが欲しい。
Macの方がiPadよりも優先度が高いだろう。

ということで、iPadは経済的な余裕ができるまで、当分見送り、おそらくは第4世代を待つことになりそうです。

噂になっているiPad miniは別に興味ありません。
まあ、ビジネス運用とか、持ち運ぶとか、iPadにそういうところは求めていないので(iPhoneで十分だろう)、iPadの7inchモデルが発売されたとしても、それは買うつもりはありません。

でもiPad欲しいぜえ。




○関連記事


今回、「物欲分析企画」として振り返っています。
他にiMac、MacBookAirについても考えているので、ぜひそちらの記事も。

iMacが欲しい理由について考えてみる
MacBookAirが欲しい理由について考えてみる
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://kousatsunikki.blog69.fc2.com/tb.php/225-65fe2ab1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。