このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_2856.jpg


■プロローグ


「なんだ、ずいぶんとカンタンじゃないか!」

僕はいままでiCalをあまり起動していなかったし、カレンダーを見るときはChromeを起動してからGoogleカレンダーを開いてから、iCalとGoogleカレンダーの同期を行なってはいなかった。

しかし、最近になって、カレンダーを使ってしっかりスケジュール管理をして、Googleカレンダーにアクセスする頻度が増えてきてから、

「Dockから直接編集できたら楽なのに!」

と思うことがあった。

「ああ、iCalがあったな」



■やっぱりApple純正でいきたいじゃん!


タスク管理を本格的にやりはじめている陣内@jinnaitakumiです。

やっぱりDockからアクセスするのが一番早いし、できればAppleのソフトを使いこなしたいじゃん!

ということでiCalをGoogleカレンダーと同期させることに挑戦したのです。

やってみればこれがかなりカンタンでしたので、やり方をシェアしておきたいと思います。
(ちなみにLion)



■アカウントを追加する。以上!


おそらくはMountainLionでも同じでしょう!
やり方は恐ろしくカンタンなのです。


▼まずはiCalを起動
IMG_2849.jpg


▼「メニューバー」→「iCal」→「環境設定」
IMG_2850.jpg


▼出てきたウィンドウの「アカウント」タブを選択
IMG_2851.jpg


▼アカウント一覧の下にある「+」をタップ
IMG_2851_2.jpg


▼「アカウントの種類」を選択して(Googleカレンダーなら「Google」)、メールアドレスやらを入力
IMG_2852.jpg


▼認証が完了すれば、無事に追加!
IMG_2853.jpg


これだけなのです!!!



■Googleカレンダーって本当に便利ね!


IDとパスワードさえわかれば、どの端末からでも閲覧・編集が行えるわけですから、本当に便利ですよね。

しかも、上記の方法で、家族のGoogleカレンダーと共有するのも楽に出来ます。

iCloudのおかげでMountainLionからはMacとiPhoneのメモ帳やリマインダーなんかもすぐさま同期してくれるし。
これは本当に快適です!

このMacとiPhoneのiCloudによる連携って素晴らしいと思うのです。

おっと話が逸れました。

とにかくiCalは起動も早いですし、カレンダーをめくる操作感も気持ちがよく、便利なアプリなので、みなさんも是非活用してみてきださい!


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Secret

TrackBackURL
→http://kousatsunikki.blog69.fc2.com/tb.php/308-fc32c9a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。